FC2ブログ
ペット霊園のこと。 2013.07.05 (金)
20130529 0160099

もう既に花は開ききっていますが、今年は ラベンダーが満開でした。
ここのところ、毎日雨続きで 梅雨といえど 気分も滅入りがちですね・・・。

でも、今年は 梅雨入りが早かったせいか、梅雨明けも間近のようです♪
スポンサーサイト



ペット霊園のこと。 2008.12.03 (水)
IMG_0162 0

最近、方々で色々なペット霊園のお話を耳にする度に思うことがあります。

ペットが亡くなって、ペット霊園に連絡する時に 
まず、最初に気になるのは 料金等のことだと思います。
その料金も電話での問い合わせには火葬料金のみをお客様に伝えるところがあるようです。
火葬料金は安く設定されていても、火葬した後の骨壷や覆いの袋代が高かったり
必要以上に大きな骨壷に入れられていれば その分料金も跳ね上がっていきます。
それから、成仏できるように・・・と、位牌を作らされ 個別の供養料などなど・・・
最終的には、かなりの料金になってしまい、なんだかなぁ・・・と感じる方も少なくないようです。
また、火葬料・骨壷代金ともに安価なところは 中国製の骨壷ではない陶器を骨壷として利用
していたり(骨壷ではないので蓋がネジ式になっています)、骨袋もハギレで作った巾着袋だったり・・
なんだかお骨には見えなくて、手元に置いて供養したい方向きではないでしょう。

長崎もペット霊園が増えてきて、7,8年前までは宗教的な霊園というのがなくて
誰にでも利用できる霊園ばかりだったと思うのですが、数件のペット霊園が増えていったことで
お客様には お勧めできない霊園が増えつつあります。
とは言え、ここで 「あそこには行かない方がいいですよ」などと名指しで言える訳ではないので
初めのお電話での問い合わせの時には 十分過ぎるくらいに色々お尋ねしてみて下さい。
それで、納得できてのご利用であれば 問題は無いと思います。
それぞれに、霊園との相性もありますので 供養料が高くても そういう霊園が良い
と思う人もいれば、リーズナブルな料金で自分でできる範囲内で・・・という方も
いらっしゃるので 人それぞれなんですけれどね。 

アニマルヘブンでは、個別火葬 そして骨壷・骨袋は 人間のものと同じタイプを使用しており
かつ、最低限の料金で ご利用して頂けるように・・・と、自画自賛ではないですが
24年間ペット霊園のお仕事をしてきて 胸を張って言える営業をしております。