FC2ブログ
ペットロスについて。 2013.10.01 (火)
今日から 10月。

今年のカレンダーも 残り少なくなってきました。
1年って、ホント早いですねぇ。

なんか、毎年 同じこと言ってる気がしますが(笑)


先日の合同慰霊祭には、たくさんの方々に ご来場いただきまして
心よりお礼申し上げます。

お盆の供養から わずか1ヶ月ちょっと後にもかかわらず
たくさんの方々に お参りに来ていただけることが とても有難く思います。

そして、何よりも 皆様が ペットたちのことを 愛玩動物としてではなく
家族の一員として 想われているという証なのだと感じています。

また、節目節目に 僧侶に お経を読んでいただき 供養してもらうことで
少しずつ 飼い主様の辛いお気持ちに 整理がついていくという効果もあります。

これから先も ペットのことを忘れることはできないし、忘れる必要も ありません。
家族同様に 一緒にいた子は、飼い主さまからみると 我が子同然です。

いなくなってしまったことで 哀しみや辛さで ぽっかりと空いた穴が
時の流れとともに いつかは 塞がっていく日が来ると思います。

同じように ペットを亡くした人同士で お話に花が咲き、
「自分だけじゃないんだ~」とか「この気持ちに共感してくれる人がいる!」って
合同慰霊祭に 来て良かったです・・と、おっしゃっていただける方もいらっしゃいます。

私たちも そんな場所を提供できて 少しでも お客様の癒しになれれば・・
そう いつも思っています。

スポンサーサイト



ペットロスについて。 2010.09.01 (水)


昨日から9月になったというのに、まだまだ暑いです
この猛暑は いったいいつまで続くのでしょうか・・・

ペットロスについて。 2010.04.12 (月)

昨日は 雨。
一雨毎に 春になっていくのかと思っていたら・・・

妙に 寒く感じる今日です。

ペットロスについて。 2006.10.11 (水)
家族である愛しいあの子が亡くなってから
ぽっかりと開いた穴
ひしひしと感じる空虚感・・・

悲しみから立ち直るひとつの方法として、
自分の気持ちや行動などを文章にしてみるという方法があります。
それは 雑文・日記・・なんでも良いのでしょうが
別れた子に宛てて「手紙を書く」というのは いかがでしょうか・・・
☆ペットに別れを告げる準備をする
辛い事実を受け入れるには 時間がかかるのは当たり前、
しかし遺体を前にして呆然としているばかりでは ペットがかわいそうです。
立ち上がって家族や友人と準備をしましょう。

*遺体を納める箱を探す 棺がわりになるものをみつけましょう。
火葬できる紙製のダンボールなどが良いと思います。
死後硬直が始まると手足がピンと伸びてしまい箱に納まらなかったり、
外飼いのワンちゃんの場合 犬小屋に入ったままの犬を出すのに
犬小屋を壊さなければならないこともあります。
箱にタオルまたはシーツ等の薄手の布を敷き、静かにそっと横たえてあげて下さい。

*遺体を清める 箱に納める前に きれいにしてあげましょう。
湯かんをする必要はありませんが、汚物などで汚れている部分があれば 
その部分や顔を お湯かアルコールで湿らせた布で軽く拭いてあげて下さい。

*好きだったものを探す ペットを納めた箱の中に 愛用のおもちゃや好きだったもの、
家族からのメッセージなどを入れてあげて下さい。
ただし、科学繊維やプラスティック製のものは 火葬時に お骨に付着したり
変色の原因となりますので避けて下さい。
フード類を添えて、生花で飾ってあげて下さい。
付けていた首輪も一緒に火葬できます。


☆ペットとの辛い別れ
こんなふうに準備をすることが 愛おしいものの死を受け入れる心の準備にもなります。
立派な祭壇を作って高額な料金で お葬式をしなくても、
弔う気持ちがあれば それが ちゃんとしたお通夜であり、お葬式になるのです。
ペットからすれば、飼い主が心から想ってあげることが一番の供養になると思います。
また、一人暮らしの方が ともに暮らした動物を亡くされたときは 
身近な人に来てもらいましょう。
たったひとりで冷たくなったペットと過ごすより、親しい友人や家族に来てもらって
思いっきり泣いた方が 気持ちが慰められるものです。