FC2ブログ
動物に関するニュース。 2011.03.18 (金)
東北の震災を知って、まず 心配したのは 誰しもが 人命だったと思います。

それから・・・

ここに来てくれる人は きっと 犬や猫たちのことが 気がかりだったと思います。
事実、私たちも そうでした。
人間の命は 最も尊重されるけれど、こんな災害時に 動物たちのことは・・・?

家族同然で暮らしてきたとはいえ、犬や猫は 避難所に入れない所がほとんどです。
かろうじて流出を免れて残っている荒れた自宅に、ペットだけ残して来ている人も
多いようです。

人間も多数亡くなって 身内の人を亡くしている方の前で ペット云々の話は
できないでしょう・・・

でも、飼い主からすれば同じ家族です。

身の置き所もない動物たちが、一刻も早く飼い主様と一緒に生活ができること
それが 一番の願いです。

そういうところまで 生活が安定するのは まだ先になるのかもしれませんが、
1匹でも多くの命を繋ぐために 動物たちへの募金が出来るところを探してみました。

不明瞭な使途のところに 寄付をする必要はないと 思っています。
1円でも 私的に流用されたら、その意義がなくなりますから。
確実に安心できて 被災地のペットたちに支援ができ
現地での被災地支援活動と連動して動く事を前提にする団体のみに
寄付をしたいと思っています。


【 緊急災害時動物救援本部構成団体 】←クリックするとサイトにとびます

・財団法人 日本動物愛護協会
・社団法人 日本動物福祉協会
・公益社団法人 日本愛玩動物協会
・社団法人 日本獣医師会
の4団体で 構成されている、災害時の救援本部です。

義援金の受付も しています。

ひとつひとつの力は微力だけど、たくさん集まることで 大きな力になります。
私たちも 何らかの力になりたいですね。

スポンサーサイト



アニマルヘブン通信。 2011.03.17 (木)
日本中が まだまだ地震の影響で落ち着かないなかですが、
暦の上では 明日から お彼岸に入ります

震災で命をおとした動物たちの分まで 供養できれば・・・と思っています。


【 2011 春のペット彼岸供養 】

3月27日(日) ①午前11時~  ②午後2時~

本堂1階にて・・・その後 霊園の合同慰霊碑前でも読経致します。


鳴滝山観音寺ご住職に 丁寧に お経をあげて頂きます。


当日は 臨時駐車場なども確保しておりますが、混雑も予想されますので
よろしければ 公共の交通機関なども ご利用下さいませ。

尚、事務所の営業は4時半までとなります。




早咲きの桜も ちらほら・・と見かけることが多くなってきました。
お彼岸が過ぎる頃には 春らしくなっているといいですね・・・
雑記。 2011.03.16 (水)
先週の東北地方太平洋沖地震のニュースには、ただただ驚くばかりでした。
被災地の皆さんは 辛い思いをされ とても大変なことと思います。

被災された方々には 心よりお見舞い申し上げます。

そして、亡くなられた方のご冥福を お祈り致します。



同じ日本とはいえ、ここ長崎では いつも通りの生活を営めていることに感謝しつつ
微力ですが 何かしら 被災地の為にできることはないか・・・
と、模索している毎日です。

食料や毛布、衣類、紙おむつなど・・・生活用品が全然足らないという
被災者の訴えをTVでみる度に、何か送りたい気持ちに駆られるのですが
送られた物の保管場所や 種分け作業などに人手が足りないなどの問題もあるようです。

なので、今の私たちに出来ることといえば
募金・節電・物の買占めをしない・ガソリン等の節約・・・
ぐらいしか思いつかないのですが、日本国民が一致団結して協力態勢で望みたいですね。
それぞれが どんなかたちであれ、今の自分に出来ることを すればいいのだと思います。

地震列島ニッポンは、このような災害が いつどこであるか わかりません。

被災地のペットたちも きっと大変だろうなぁ・・・
亡くなった子も いるだろうなぁ・・・
避難場所に 人間と一緒に入れない場合は どこに居場所があるんだろうか・・・

こんなことを ずっと考えていましたが、長崎からも ボランティア団体が被災地に行き
被災したペットたちをレスキューされるとのこと、とても嬉しく思いました。
ボランティアの皆さん、どうかよろしく・・・そして 頑張って下さい。 


原発の問題などもありますが、早期の復興を 国や政府には お願いしたいです。

不自由な避難所生活を強いられている人、未だに安否が不明の人や そのご家族が
一刻も早く 暖かい場所で ゆっくりと眠れますように・・・。